2022年6月22日水曜日

NIDERVILLER 18世紀 ニーデルヴィレー窯 青いヤグルマギクのパニエコルベイユとトレイ

 もうカタカナだけ見ていると何が何だか分からなくなってきますが、パニエ風の器はコルベイユとよく呼ばれています。

そして、一緒のトレイもセットのお品です。


透かし装飾の美しいコルベイユとトレイ。


ブルーとグリーンの色の配色が綺麗です。


コルベイユの方は大変良い状態です。


ヤグルマギクはマリーアントワネットが好きなお花だったことから18世紀に流行ったモチーフです。
ニーデルヴィレーはフランス東部ですので、マリーアントワネットの為というより、フランス東部の伯爵家のために作られていました。

フランス中でこのヤグルマギクの柄が流行ったことでしょう。


トレイの方はダメージありますが、お手に取っていただきたい素敵な趣があります。


色付けの詳細。
修理された部分はオンラインショプでお確かめ下さい。



コルベイユニもトレイにもシャネルのロゴのようなサインが入っています。



Cが2つ?


トレイに修理跡が見られる部分。

コルベイユには、果物でも木の実でも、お花を飾ってもかわいいと思います。
またこのままコレクション用に♪


それから、もう一つファイアンスの器があります。

フランス東部でしょうか。
白釉自体はムスティエの雰囲気がありますが、絵付けが東部っぽい気がします。


お花のパニエと。

チューリップの絵付け。

内側にもお花の絵付け。


脚が3っつでかわいい雰囲気です。



いずれもお花を飾ってみたくなる素敵な器たちです。

1700年代後期のものですので、大切にしてくださる方にいただいてもらえたらいいなと思います。

以上のお品ものたちはまもなくグルニエイデコのオンラインショップでお目にかかれます。
どうぞお楽しみに💛



今回もまだお伝えしなければなりませんが、コロナに加え、ウクライナへの不法侵略の影響で、お荷物到着の遅れが出てきてしまう場合も考えられます。
4月中旬以降落ち着いており通常通りの日数で到着してくれていますが、基本的にお待ちいただいても構わないとおっしゃってくださる方のみにご利用いただければと思います🙇‍♀️

それでは、お楽しみに!


オーナー🌟イデコ




2022年6月21日火曜日

フランス 18世紀 ぽってり白釉の器たち

 次回更新予定のお品物のご紹介です♪


ギャルリーイデコからは白釉の素敵な器たちから。


ぽってり白い釉薬に細かな貫入が全体に入った素敵なピシェです。
窯は不明ですが、東部のものでしょうか。

縦に入ったレリーフが素敵です。


水をたっぷり入れて一晩置きましたが、水漏れは見られませんでした。

生花にも使えますね♪

ジャムポット(左)とテリーヌポット(右 )
どちらも文字が入っていて嬉しい。
このポットたちは19世紀のものになります。


テリーヌの方はダメージありますので実用はできませんが、
インテリアの飾りなどに。


ポットたちはしっかり大きなサイズです。
右にカフェオレボウルは普通サイズの口径12cmのものですので、大きさがわかっていただけるかなと思います。


ジャムポットも大きめ。

大変良い状態です♪



ここからいくつか18世紀の絵付け皿のご紹介です。

オクトゴナルの白釉皿に絵付けのされたもの。


お花の色に特徴のあるムスティエ風のお皿。
これから調べますが今のところ窯は不明です。


ヌヴェールの趣あるすっきりした絵付けのお皿。


お花のガーランドがかわいいお皿。


おそらくルーアンの絵付け皿。
キュノワールでこのような絵付けのお皿がありますね。
ジャポニズムの影響が見られる柄です。



白釉のオーバルプレート。
窯は不明です。
ムスティエではないと思いますが、写真よりも断然素敵な雰囲気です!


大きさ比較。
右のオクトゴナル皿は縦横25cmほどだったと思います。




おそらくムスティエの緩やかな花リムプレート。

ぽってり感がムスティエらしいお品です。



古いものですので、ダメージあるものも多々あります。

詳細はUP後のオンラインショップでご確認ください🙏



今回もまだお伝えしなければなりませんが、コロナに加え、ウクライナへの不法侵略の影響で、お荷物到着の遅れが出てきてしまう場合も考えられます。
4月中旬以降落ち着いており通常通りの日数で到着してくれていますが、基本的にお待ちいただいても構わないとおっしゃってくださる方のみにご利用いただければと思います🙇‍♀️

それでは、お楽しみに!


オーナー🌟イデコ



2022年5月24日火曜日

次回更新予定のお品ものたちです。ムスティエやアプトいろいろ

 次回の更新ではムスティエいろいろご用意しております♪


南仏陶器でもムスティエは大変な人気ですが、今回は大きめのものが多くなっています。

ぜひこちらもお読みください🙏

https://grenierideco.com/news/628a5a9c1d6b101cdeb0a530


このところ、ムスティエに大変ご縁があり、お譲りしていかないと本当に小さなアパートですので歩く場所がなくなってしまいます。

そこれ一気にご紹介させていただこうと思いました。


まずは、黄釉が素敵なアプトとカケのあるヴァラージュの器。


耳付きブイヨンボウルはアンティークとして良い状態だったと思います。
詳細はオンラインショップで🙏

アプトの花リムデザート皿には多々アクシデントや風化が見られます。
工夫してお使いいただける方へ。





こちらはヴァラージュ窯のオーバル深皿です。
ピシェなどの受け皿だったのでしょうか。
中央には王冠とフルール・ド・リスのエンブレムが描かれています。

オーヴァル形のムスティエのジャルディニエールか、グラスクーラー。

大きめの鉢も。
左のオクトゴナル型の鉢はヴァラージュです。
大きめなヒビが入っています。


ムスティエのテリーヌ。
今にも歩き出しそうな器です。


こちらも大きなヒビが入っています。

大きさ違いの丸形プレート。


3種類のオーバルプレート。

ムスティエ他南仏陶器、いろいろ揃えてお待ちしております❣


オーナー☆イデコ😊