2021年9月21日火曜日

18世紀 DELFT デルフトウェアとフランスのファイアンス

18世紀の器に葡萄を。

なんて思い切ったことを。

と感じてしまうのは私だけでしょうか。



たまの機会に、使ってみる程度がほどよい、古い器だと思います。


18世紀のデルフトと聞いております。
この手のものが手に入るのはうちでは珍しく、大変価値のあるものだと分かっていても、なかなか手が出ませんでした。


でもやっぱり素敵ですので、ちょっと高価にはなってしまいますが、状態も18世紀のものとしては大変よろしいので、ぜひご紹介したいと思います。


デルフトウェアと呼ばれる、ファイアンス製の白釉の乗った、またはブルーカマイユ柄の絵付け皿などありますが、オランダ、ドイツ、イギリス、時にはフランスのファイアンスも「フランスのデルフトウェア」と呼ばれているのを聞いたことがあります。

デルフトと言ってもヨーロッパでは、オランダとは限らないのでしょうかね。


で、やはり、チーズの水切りなのでしょうけど、オランダにこのようなチーズ用の水切りが存在したのかどうかが、オランダのこと良くわからないのでなんとも言い難いのですが、
フランスだったら納得いくな、と。
思うわけです。



たまに、使ってみる時には、フルーツの水切りとか、このまま飾っておくだけでも素敵なデルフトウェアです。

デルフトにデラウェアとか乗せて?
なーんて。

(すみません、無視してください)
(駄洒落になってないし)

そういうことで言えば、こちらのお皿たちもデルフトウェアと呼ばれるものです。
フランス北部かオランダのものでしょうか。



大胆な絵付けですが、中央にはお花、その周りにリボンとガーランドが可愛い素敵なお品です。


深さのあるお皿です。


もう一枚あります。




こちらは、デルフトウェアではありませんが、南仏のヴァール県の窯のお品です。



白釉にうっすら水色と黄色の絵付けが珍しい花リムのお皿です。
未使用のような状態の良さ。
でも19世紀初期頃のものでしょうか。



りんごの絵のようです。


以上のお品ものたちはまもなくグルニエイデコのオンラインショップでお買い求めになれます♪


どうぞお楽しみに❣


ギャルリーイデコ

オーナー☆イデコ


2021年9月20日月曜日

次回更新予定の 訳あり 18世紀 ファイアンスとファイアンスフィーヌたち

訳ありではないものもあります♪

 

18世紀のものを中心に、訳ありのお品ものご紹介します。


18世紀ファイアンスのクレミエです。
水を入れて放置してみましたが、水滲みが見られますので実用はできません。


柄のアップです。
控えめなブルーの手描き模様です。

窯は不明ですが、18世紀ヨーロッパのものではないかと思います。


金継ぎしたり目止めしたりで、使えるようになるかもしれませんが、インテリアの飾りとして楽しんでくださる方へ♪



貫禄のあるファイアンス製のテリーヌは、ずっしり重みがあります。

片側の持ち手に破損が見られ、大きめのヒビも見られます。

4っつの脚が可愛いです。



インテリアの飾りに、とっても絵になる存在感あるテリーヌです。



こちらはフランス東部のオーバル深皿です。
これも実用には向きません。



手描きの小花とブルーのラインが素敵です。



アグラフというホチキスみたいなもので留めてある、大変古い修理方法が見られます。

土鍋と同じでヒビが入りやすかったのでしょうね。
当時直して、長いこと使われていたのではないでしょうか。


この修復方法、いつもどうやって留めたのか疑問に思います。
逆に壊れそうだけど、結構有効なんですね。

熟していないフルーツを入れてテーブルに、またインテリアの飾りに。


こちらは、ハート型ポーセリン製の器です。

手描きの可愛いお花柄に少しスレは見られますが、大きなヒビ、大きなかけなく良い状態です。


ポーセリンも素敵ですよね。
またハート型が可愛いお花に合っています。


模様が擦れているところ。





そして、ファイアンスフィーヌのお皿。
大変古いサルグミンヌのプレートたちです。

刻印はありませんが、サルグミンヌで間違いないです。
手描き模様のデコレーターのサインが裏にあります。



訳あり商品ですので、2枚セットで、できるだけお安くなっています。

深さのあるお皿です。
テールドピープという軽い土で作られており、耐久性に弱いです。
クレイユやモントローの初期もこのテールドピープで、カサコソした感じが特徴的です。

温度差に弱く、シミもできやすいと思いますので実用には向きませんが、金継ぎなどして乾き物などに。


この質感はなんとも言えず素敵です。


貴重なお品ものです。






気になったものはありましたでしょうか?

次のブログで、このページでご紹介できなかったデルフトウェアをご紹介します♪

以上のお品ものたちはまもなく、グルニエイデコのオンラインショップで販売されます🙏


どうぞお楽しみに❣

オーナー☆イデコ


2021年8月23日月曜日

19世紀終わり フランス ファイアンス サンクレモン窯 デザートカップ3点

 ちいさくて可愛いデザートカップのご紹介です💓

フランス語でPot a Cremeと名のついた蓋付きのデザートカップは、アイスクリームや生クリーム、カスタードクリームを使ったデザートを入れるための器でした。

当時はデザートも貴重だったでしょうから小さな可愛い器なんですね。

なにせ冷やすだけだって、フランスアルプス地方やスイスから氷を運んで来なければならなかったのですから!



可愛いでしょう💓


ひとつはライン柄だけのものと、ほかの2つにはリボンとモノグラム、冠が描かれています。

どんなご貴族様がお使いだったのでしょうか?



このコロンとしたフォルムがまた可愛いんです💓



リボン柄のないものは飽きがなく、いろんな場面で使えそうです。

あ、といっても1900年頃のアンティークになりますので、大切に扱っていただけたらと思います🙏



2つには可愛いリボンとモノグラム、冠の柄が付いています。

状態などはUP後のオンラインショップでご覧いただければと思います🙏



赤土の上にぽってり白釉、そしてブルーの彩色が当時のサンクレモン窯らしいお品です。
この時期のデザインはエミールガレによるもの、またはエコール・ド・ナンシーによるものではないかと思います。
(ガレの刻印は入っていません。)




お手にとって御覧いただきたいお品です♪



以上のお品ものはグルニエイデコのオンラインショップでの販売となります。


オーナー☆イデコ

ギャルリーイデコの商品


2021年8月22日日曜日

18・19・20世紀 白釉 3っつのお花の絵付け陶器たち♪♪♪ ソー窯 他

今回は年代に差のある絵付け陶器たちのご紹介です。

それも美しい陶器たちで、組み合わせてもどれも負けず劣らずな感じがします。 



19世紀以降から、18世紀陶器のレプリカを作る窯も存在しましたが、国営になるほどの腕を持っており、怪しいコピーとはとてもじゃないですけど、比べ物になりません。

アジア産のコピーを想像してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、フランスの窯はレプリカであってもエミールテシエを始めとし価値のあるもの、またサインの入ったものが多いと思います。

それはきちんとした陶芸家の手によって制作されたものだからでしょう。

コピーという言葉ではなく、18世紀の美しい陶器たちへのオマージュとして生産されたもの、と考えていただけると納得がいくかもしれません。

20世紀の陶芸家に素晴らしい作品があるのもいつかご紹介できたらって、思っていますが、専門ではないのでまだ時間がかかりそうです💦


フランス東部のお花の絵付けのピシェです。
本当はこの水差しにはエギュエールという名前がありますが、ちょっと浸透しにくいかと思って、うちではピシェのままになっています。


美しいフォルム、赤土に白いぽってり釉薬が堪りません。


絵付けも素晴らしく、フランス国営窯であったであろう事が伺えます。

はっきりした窯も年代も不明ですが、20世紀のフランス東部のもの、ニデルヴィレーとかサンクレモンとかのある場所になるようです。(裏にコレクターさんによるものか、Nidervillerのシールが貼ってありました。下にサインがあるかもしれないとシールは剥がしてみましたが、サインはありませんでした。)
個人的には19世紀終わり〜20世紀初期のものではないかと思いますが、第二次世界大戦後は、こうした手の混んだ陶器作りはされていませんので、新しくても戦前のものになるでしょう。
製造方法を見ているとそう思います。




古いものとしては美品と言っていいほどに状態がよろしいです。

美しものとして気に入っていただける方へ✨



こちらのクーペルもお花の絵付けが美しいお品です。

小さめの少し深さのあるお皿、クーペルって呼んでいます。



小さなお花たちは、オリエンタルな感じがするの分かりますでしょうか。

18世紀の趣はありますが、窯も年代も不明です。新しいとしても19世紀のものだとは思います。

お直し跡あり。


左の縁にお直し跡が見えております。



裏にはサインはありません。



ぽってり白釉が素敵なクーペルです。



そして、最後はパニエ風陶器、コルベイユです。

18世紀終わり頃のソー窯のものになるでしょう。


お直し跡が縁に見られますが、コレクションとして大切にされてきた事が分かります。

18世紀終わり頃だというソー窯の絵付けは可愛い雰囲気です。


サイドがまた可愛いんですよ❣


裏。


人工顔料がない時代に、これだけきれいなお色が出せるなんて驚きですよね。
当時のヨーロッパ陶器はアジア陶器に比べて引けを取っていたのでしょうけれど、これはこれで人間的な部分がいろいろ垣間見られて私はヨーロッパ得にフランスの人間的なファイアンスが大好きです。



お直し跡、ライン、など見られますので、お値段できるだけお安くはしてあります🙏




ひとつあるだけでも優雅な気分に浸れます💓

以上のお品ものはまもなくグルニエイデコのオンラインショップで販売されます。

どうぞお楽しみに♪


オーナー☆イデコ