2020年1月3日金曜日

LACHENAL ラシュナル ヤドリギ シリーズ フランスアンティーク ギャルリーイデコ 今年もよろしくお願いします⭐

20世紀のフランス人巨匠陶芸家ラシュナルのデザインしたヤドリギ柄が素敵なリュネビル窯とのコラボ商品たちです。

年代は1900-1915年頃の間。

Annales Politiquesという当時の新聞読者に120フランで販売していた企画もの、限定品です。

ラシュナル自身の陶芸作品はかなり渋いものが多いのですが、このように素直に美しいタイプのものはこのリュネビル窯とのコラボ陶器と、やはり1900年頃の高級クリスタルとガラスメーカーとのコラボに見られます。




心から、美しいと素直に思う柄なんです。

限定品である上にアンティーク、大変貴重なアンティークですので、大切にしてくださる方へ。

また状態は様々です。
新品同様なものはまずありません事を申し上げておきます。





淡い水色にグリーン、ブルー、パープルと寒色系の素敵な色合いのデザインです。

ヤドリギの曲線が美しく優しい雰囲気のお品たちです♪

今回ご紹介している商品のほとんどに薄いシミが見られます。
はっきり分かるものも少しありますが、ほとんどが薄いのと同時に全体的なものなので気づきにくいかもしれません。

詳細はグルニエイデコのオンラインショップ更新後にご確認くださいませ。



ヤドリギコンポティエ。
フチにヒビ1か所あります。

脚にも柄が入っていて素敵です。




シュクリエ。
シュガーポット。

こちらは状態がよろしく、今回の目玉です。
シュクリエは滅多に出てこないでしょう。



裏側。




全体に貫入。
薄っすらシミもくはグリーンのぼかしがそう見えるのでしょうか。

とっても綺麗な状態です。





ミルクポット。

小さなミルク用のジャグです。



下の方が若干シミになっています。

でも主張されたシミではありません。


この程度なら許容範囲、と思ってくださる方へ♪





大きなカケやヒビアありません。





カップ&ソーサーのセットは3点。

紅茶用のティーカップになります。







ディナー皿。

3点。

ヒビ、カケなど見られるものがあります。




デザート皿。
ヒビのあるものあり、全部にシミが見られます。

デザートサイズは大きさ的に重宝しますよ♪





ソーシエール。
ソース用の器。

カケが多数見られます。





ラヴィエが2点。

左が#1右が#2




#1にはカケが1か所。(上部先端)
全体的に薄いシミ。






#2は全体的に薄いシミ。

ツヤツヤです。

年明けに相応しく、良いことありそうなヤドリギ柄。
今年もよろしくお願いいたします♪





以上のお品ものたちは間もなくグルニエイデコのオンラインショップでお目にかかれます♪

詳細はUP後のオンラインショップでご確認ください。


オーナー☆イデコ(*^^*)


2019年12月27日金曜日

18世紀 ムスティエ ヘキサゴナル型 エンブレムの絵付け皿

年明けにご紹介するお品もののご紹介です。

18世紀のムスティエのプレートになります。


ヘキサゴナル(6角)の珍しいフォルムで、角にはレリーフも付いて素敵なお品です。





フランスの土壌から採掘される自然な色の顔料が使われた絵付け。

黄色やグリーン、ブルーなどの組み合わせです。

中央にはエンブレムの絵付けがされており、公爵の位を持つ貴族の紋章のようです。





18世紀の陶器の絵付けらしく、お花と一緒に虫の姿が見られます。






お花のガーランドが可愛いですね。




角の一部がレリーフになっています。









王冠のスタイルで公爵のものと判断しております。

また、イニシャルHが4か所に見られます。













レリーフ部分のアップ。








釉薬によるムラで窪みができている部分があります。




当時は3色もの色を付けるなんて大変な事だったのではないでしょうか。

しかも焼き上がってみないと色合いも想像できなかったかもしれません。





釉薬のムラ。





金属片でできたような着色。





キズはほとんどなく綺麗な表面。






裏。




表から見えないカケが裏に1か所。





ぽってりと白い釉薬。





下地のテラコッタ色が少し透けて見えます。





結構平たいタイプです。





どんな方が使われていたのでしょうか。





ちょっと優雅な気分になりますね♪





フランスのアンティークショップのお値段よりはお安くご提供できる予定です。





手描きの絵付けって素敵ですね。
やはり当時のマニュファクチュール窯らしく、洗練された優れた絵付師がいたのだな、と思います。


貴重なお品です。


以上のお品ものは年明けにグルニエイデコのオンラインショップでごお目にかかれます。
詳細などはUP後のオンラインショップでご確認ください。


オーナー☆イデコ

グルニエイデコのオンラインショップ
https://ideco.ocnk.net/product-group/58

2019年12月23日月曜日

19世紀 Cul Noir 大鍋と浅鍋 オルレアンの キュノワール

 19世紀キュノワールの鍋ふたつのご紹介です。

キュノワールは今となっては高額ですが、18世紀の初めに一般家庭でも使える比較的安価な陶器として作り始められました。

高級品としてではなく、使える道具として生産されていました。
ART POPULAIREと呼ばれる種類の陶器たちは、庶民的な道具として重宝されてきました。



 今回は使える道具らしく、お鍋2種類をご用意しています。

左のものは大きい鍋で、このサイズはなかなか出会えないと思います。

両方とも蓋は残っていませんが(もしくは蓋なしだったかも)、ステンレスやガラス製の蓋などで代用してみてください♪







たっぷりサイズで余裕でお鍋とかできそうですね。
サイズなどは更新後のグルニエイデコのオンラインショップでお確かめくださいませ。






ころん、と丸い形。

使われてきてものだと思いますが、表面は艶がよろしく良い状態です。




取っ手もしっかり付いています。





表面多少スレが見られます。









キュノワールの内側や上部の目につきやすい場所が白い釉薬が掛かっています。

全部真っ白ではないのにも理由があります。




フチにキズ。

これくらいしか目立ったキズがないんです。





キズのアップ。(笑)

他に撮るところがなくて。。。


 フチ内側のキズ(釉薬の削げ)




これも大した事はありません。






持ち手に一部の擦れ。






反対側は綺麗。






持ち手の裏もきれいで、お直し跡などは見られません。





根元がキュっと止めてあるのが、また素敵です♪





赤土(テラコッタ)の素地に上の方は白い釉薬、下の方は焦げ茶の釉薬。
この焦げ茶釉が、安価で耐熱にも優れているという事で、全体白にするより安く丈夫だからこのスタイルになったようです。




裏に表面の削げ。

白っぽいのはカルキの残りではないかと思います。






当時のオルレアンの窯なのか、もしくは陶器&ガラス製品専門店になるのでしょうか、刻印にTrutteau Orleans と入っています。



釉薬の掛かり具合。





細かな貫入。

美しい貫入です。





艶も良く。




釉薬のムラは見られます。





全体的に内側を見るとこんな感じ。







無骨なフランスの北からきたキュノワールです。

19世紀後半のものになると思います。





続いては、浅いタイプの鍋です。




2人または沢山食べる高には一人分でも良さそうな大きさの浅鍋。




こちらも良い状態です。





やはり美しい貫入。




芸術的ですね。





素地または釉薬のムラが少し。





キズ。





持ち手の表面に擦れや釉薬の削げが少し。





反対側もスレが少し。





持ち手の裏。
釉薬のムラによる気泡たち。





表面ツヤツヤです。

一部釉薬のムラによりざらついた部分があります。




ここだけです。





素地のテラコッタ色が透けている色のニュアンスを撮りたかったのですが、なかなか難しい!
下からテラコッタ色の暖色系の色が見えます。





サイドにチップ、または窯キズ。




脚裏にスレまたは削げが少し。





刻印は同じくオルレアンの窯なのか、もしくは陶器&ガラス製品専門店になるのでしょうか、刻印にTrutteau Orlean。





雰囲気のあるキュノワール、人気の理由が分かります。





特に冬には活躍しそうですね♪

土鍋と同じで、扱いにはご注意ください。
テラコッタ(赤土)は空気をたくさん含んでいるのでガラス質の材料を混ぜて強化していると読みました。
上は白い釉薬、下は焦げ茶の耐熱性に優れた釉薬。
でも、裏側の底のあたりは釉薬が掛かっていないものもあり、使用方法によっては土鍋のように割れてしまう事もあるでしょう。

※ 直火での強火長時間はお避け下さい。
※ 1点を集中して加熱もお避け下さい。(全体が温まるオーブンなどはよろしいかと思いますが、例えば寒い屋外でガスコンロ使用しての直強火はよろしくないかと。大げさな例ですが)
※ 電子レンジ・食洗器は使わないでください。
(赤土=鉄分が多く含まれています)
※ たまに目止めをしてください。
※ いきなり熱々の物を乗せないで、お湯で器を温めてから使うなどの心配りを。
※ 優しい自然素材には優しい扱いを♪

よろしくお願いいたします。



更新時には、カップ2点もアップする予定です。

以上のお品物たちは年明けにグルニエイデコのオンラインショップでご紹介いたします!
お楽しみに♪


素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ🎄🎄🎄🎅💕


オーナー☆イデコ

グルニエイデコのオンラインショップ
https://ideco.ocnk.net/