2021年5月7日金曜日

18世紀 マルセイユ窯 リュネビル窯 ソー窯 ムスティエ窯 次回更新とギャルリーイデコ用インスタのご紹介です♪

 今はオンラインショップもプレビュータイムなるものができて、事前にブログで多くのお写真を載せなくても良くなり商品もまとめてご紹介できます♪

で、タイトルが長くなっている、訳でございます。

怠慢ですみません💦



今回もイデコ好みのセレクトで、私はとっても気に入っているものばかりですが、皆様はどうでしょうか。



以前に丸いプレートをご紹介したことがあります。

王室用にも食器を生産していたマルセイユのロベール窯のお品です。



オーバル型の小さめのお皿です。
ラヴィエより少しだけ大きめですが、大皿ではありません。

だからこそ珍しいと思います。


この可愛い小花が宝石のように散りばめられた絵付けはポンパドゥールモデルと呼ばれおり、時代的にはマリーアントワネットの時代の1780年頃のお品です。
マリーアントワネットが野に咲く花が好きなのは聞いたことがありますが、ポンパドゥール夫人もだったのですね。

当時はポーセリンが主流の王室でしたでしょうから、陶器製の食器は数少ないものだと思います。

前も書きましたが、マルセイユ窯のお皿は高価です。

このオーバル皿はヒビも入っていれば、窯で焼かれている際に灰が表面に散ってしまったようなザラザラ感があります。

ですが、絵付けは素晴らしい、お品です。



プリントじゃないんですよ、すごいでしょう?





そして、18世紀リュネビル窯のショコラカップ。

レリーフに沿って赤い彩色が施されています。
赤、というよりフクシア色のほうが近いと思います。
写真で分かりにくいですね、すみません💦

ふたつご用意しております。

↑上のが#1
ヒビあります。

↓下のが#2

#2の方は18世紀のものとしたら良い方の状態です♪



18世紀の可愛い陶器同士を組み合わせてみたら、可愛いこと❣❣❣





次はぽってり白釉が素敵なムスティエかミディ窯のもの、と言われております。

イデコはムスティエのアトリエフェラのものではないかと思います。


グリーンが美しく絵付けされて、こちらもまた宝石みたいですね♪




フチに釉薬の削げはありますが、18世紀のムスティエとして、かなり状態がよろしいかと思います。




素敵です♪



そして、最後はソー窯。

こちらも王室御用達(マニュファクチュール)だけあって、とっても繊細な絵付けです。

そして、よくご存知の(というか日本ではあまりご存知の方がいらっしゃらないかも、すみません)フチは同じくギザギザですが、フクシア色のフチの彩色ではなく、こげ茶色?

お花も派手な絵付けではなく、



とっても繊細です。



これはソー窯の絵付師(デコレーター)の方による違いなのです。

とりあえず、ブログ書き終えさせてください。
あとで絵付師の名前と時代が分かったら載せておきます🙏



可憐ですね💓

絵画のよう。。。




以上のお品ものは間もなくグルニエイデコのオンラインショップで販売いたします。

どうぞお楽しみに❣❣❣

金曜日中にメルマガ配信できると思います♪


Galerie iDeco
オーナー☆イデコ


おっとっと、忘れるところでした。

タイトルにまで書いているのに😅

ギャルリーイデコ用のインスタはじめました。

今までもグルニエイデコの方で18世紀のアンティーク食器をご紹介するのにちょっと躊躇していたのですが(幅が広すぎて統一感がない)、やっと分けることにしました。

18世紀のアンティーク食器について、しばしば実用できますか、とのご質問をいただき、使ってくださいと声を上げて言えない立場ですので困っておりました。

そこでコレクション用のアカウントにすれば気が楽になるかなと、作ってちょっとホッとしています。😅

皆さん使っていらっしゃるのは知っております。

フランスのアンティーク陶器コレクターたちは、18世紀の食器はそれはそれは大切にしていて、飾るのがメインです。

記念日などに使う(お客様に見せて自慢する)くらいで、日常使いはまずありません。

古いものに対する尊敬の気持ちがフランス人のほうが高いのかな、とも思います。

日常使いのできないものが多くて申し訳ないとは思いますが、ギャルリーの方ではコレクション専門で行きたいと思います。

日常使いのできるアンティーク食器はグルニエイデコでもしばしば出てきます。

20世紀特に後半であれば日常使いして頂いてよいのでしょう。ただ、私の方では基準が判断できかねますので、皆様ご自身でお気をつけてお使いいただければと思います。

今の作家さんたちが素敵な食器を作っています。

実用であれば、そういった現代の食器のほうがもちろん理想的ですし、作家さんたちの為にもよろしいかと思います。

で、新しいアカウントですが、とりあえず苦手な英語と日本語でチャレンジしてみます。

これ見られていらっしゃるか分かりませんが、同業者様(特に商品がかぶる方)、プロフィールゼロで非公開、記録用、スパイ💦の方のフォローはご遠慮いただければと思います。

グルニエイデコのお客様やお友達は上記でももちろんフォローしてください♪

もしイデコが知らずにフォロー削除するようなことがあれば、DMからご連絡いただけると助かります🙏

失礼なことがあったらすみませんm(_ _)m

https://www.instagram.com/galerieideco/



2021年4月25日日曜日

PONT AUX CHOUX ??? ポントシュー ???

このページにたどり付いた方はポントシュー好きの方だと思いますので、

ポントシュー窯の歴史等々はここでは語りませんが、

18世紀のパリのポントシュー窯のものとして販売されているものの多くがポントシュー窯のものではないについて語ろうと思います。


 Je voulais vous montrer quelques exemplaires de "Fake" Pont aux Choux.

A fin, ce ne sont pas de fake mais ce sont des autres faïencières comme soit Terre de Lorraine ( St Clement, Luneville, Rambervillers, Moyen ou autre ), soit autres pays d'Europe, Angleterre, Allemagne, Italie, Luxembourg a l'epoque.

La plupart des vendeurs y compris experts, appelle "Pont aux Choux" qui ne sont pas de la faience de Pont aux Choux.

Beaucoup de cas... !!!

Cela fabrique la confusion chez les pauvres revendeurs étrangers.

Vraiment beaucoup de cas...!!!

Comme j'aime la faience fine de xviiieme siecle, ca me fait mal au coeur chaque fois que je trouve " fake " a fin, autres faiencieres.


Il n'y a que 3 ou 4 Pont aux Choux dans cette photo

まず上の写真ですでに、ポントシューとはっきり言えるものは3〜4点くらいしかありません。


☆ フランス、ロレーヌ地方のファイアンスフィーヌをポントシュート勘違いしてしまう、または知っているがポントシュート言えば売れるのでポントシューと言ってしまう。


☆ イギリスのクリームウェアをポントシュート勘違いしてしまう、または知っているがポントシュート言えば売れるのでポントシューと言ってしまう。


ふたつのパターンで見てまいりましょう。

☆☆☆


☆ まずはロレーヌ地方のファイアンスフィーヌから

Terre de Lorraine ou Pont aux Choux, mais elles sont tres proche celle de St Clement.

18世紀パリのポントシューかロレーヌ地方サンクレモン窯のお皿。

サンクレモン窯の場合刻印があるものがあるらしいのですが、、、ガイド本では上のお皿たちはサンクレモンのものに非常に近いです。

18世紀フランスでのお花のレリーフ皿のはじまりはパリのポントシューだったのではないでしょうか。

そのほとんどには刻印はなく、だからこそ間違えてしまう方が多いのですね。

ポントシューの真似をして、ほぼ同時期にリュネビル、サンクレモン、ランベルヴィレーなどのロレーヌ地方の窯でアイボリー色の素地に透明の釉薬、お花のレリーフが施された食器(多くはお皿)が生産されました。

ポントシューにそっくりでも、どこかデザインが違います。

見分けがつかないものも多いです。


Gauche : Probablement Pont aux Choux,  A droite : Egalement Pont aux Choux ?

左の米粒レリーフはおそらくポントシューではないかと思いますが、米粒レリーフでも他の窯にも見られるのが更に難しいところです。

お花の方もポントシューでしょうか。


V&A博物館にはポントシューのコレクションもありますが、米粒レリーフがほとんどです。↓

https://collections.vam.ac.uk/search/?q=pont%20aux%20choux&images_exist=true&on_display_at=all&page=1



Gauche : Luneville,  Milieu : Rambervillers, A droite : Moyen ? ou autre sinon tous sont en terre de Lorraine.


左:リュネビル? 中央:ランベルヴィレー? 右:モワヤン?
または逆かもしれませんが、、、


Pont aux Choux

こちらは、18世紀ポントシューで間違いないかと思います。
ただ、米粒レリーフでもポントシューではないものが存在します。



Luneville 
18世紀リュネビル窯



Terre de Lorraine. Luneville ? 

18世紀リュネビルなどのローレーヌ地方の窯。



XVIII eme siecle Rambervillers 

18世紀ランベルヴィレーのお皿。



XIX eme siecle Rambervillers 

19世紀ランベルヴィレーのお皿。


XVIII eme siecle Rambervillers 

18世紀ランベルヴィレーのカップ&ソーサー


XVIII eme siecle Rambervillers 

ポットもおそらくランベルヴィレー窯ではないかと思います。
いずれにしてもパリではなくロレーヌ地方のファイアンスフィーヌになり、
ポントシューではないと思います。


2 Tasses & soucoupes et un pot en relief de Fleurs :  Rambervillers,
Grains du riz : Pont aux Choux
Plate : Boch Frere 

大皿は18世紀終わり-19世紀初期ボッホ・ルクセンブルグ。
米粒レリーフはポントシュー、お花とシードレリーフはランベルヴィレー窯。


Plat oval : Luneville ,  Assiette ronde : a identifier

お皿は似たようないろいろなタイプが有り、判別が難しいです。
左のオーバル皿はリュネビルっぽいですね。
右はポントシューと言われましたが、やはり不明です。



Septfontaine ( Boch Luxembourg )

18世紀終わり−19世紀初期ボッホ・リュクサンブール(セットフォンテーヌ)


Boch Luxembourg ( Boch Freres )

ボッホ・ルクセンブルグまたはボッホ・フレール
18世紀終わり-19世紀初期



Pont aux Choux ou Terre de Lorraine ?

18世紀窯不明です。


Terre de Lorraine. Luneville ou Rambervillers ?

18世紀ロレーヌ地方。
リュネビルやランベルヴィレーでしょうか。


Terre de Laurreine. Luneville selon expert.

18世紀ロレーヌ地方。
書見によるとリュネビル窯。


Faience fine a identifier. Sceaux ?

このお皿、フォルムも個性的で美しいお皿でした。
18世紀フランスで、窯は不明なままです。
ソー窯とか、王室御用達だったには違いありません。

この一つ前のブログでマルセイユ窯のフェイクについて書いています。

18世紀のリュネビル窯のプレートが基になっていますが、お皿自体は18世紀でも19世紀でもなく20世紀のGIENのRocailleシリーズの上に絵付け+釉薬が施さえれています。
ロカイユシリーズは現在でも販売しされているジアンの商品です。

こうしたレプリカは新品ですので、気兼ねなく使っていただけると思います。
アンティーク食器実用できるかどうかが気になる方には、こういったクラシックなデザインで新品を使っていただいたほうがよろしいのでは、と心のなかではいつも思っております。

18世紀のアンティーク食器は、日常使いできません。
ガラスのような透明な輝きを出すのに、鉛の含有率が高くなっていると聞いています。
水分に溶け出した鉛が体内に入ると肝臓を痛めると読んだことがあります。

尊敬の意味も含めて、日常、ではなく特別な日にたまに出して使っていただくのが理想的です。
日常使いできないなら用がない、のではなく、飾って楽しみ、コレクションして楽しみ、特に高価なものを日常使いするのではなく、王族や貴族、ブルジョワ、そして20世紀のコレクターたちが大切に保管してくれていた食器です。
またこれまでの戦争や災害を逃れて生きてきてくれたアンティーク陶器たちへの尊敬の気持ちを、もう少し持ってフランス人コレクターたちのように大切に扱っていただけたら、いいなぁと思っております。


毎日使うものではありません。
流行で終わるような事があってはならないのがアンティークだと思います。
大切な記念日などに、テーブルコーディネートして使ってみてください。
割れても捨てないでください。
せっかくフランスで250年も生きてきてくれたのに、日本でポイ捨てはあり得ません。

また、20世紀初期から工業製品が盛んになると、鉛含有量の少ないもの、またファインスではなくセラミックと位置付けされるものについては、ほぼ日常使いしていただいても大丈夫なのではないかと思います。
アンティークでも1920-30年のアールデコ以降、第二次世界対戦が入りますので、それ以降になるでしょうか、そんな食器が日常使いに向いています。
ただ現代の食器でも、あるお国製の格安の食器は要注意です。
今でも基準以上の鉛を使っている場合があります。(子供のおもちゃなどにもご注意を)


そうでなければ、アンティーク食器の雰囲気を持つ現代作家さんの作品はとっても良いと思います。
日常使いされたい場合は現代作家さんのもの、もしくはジアンのレプリカがお勧めです❣❣❣
本当に🙏

(いえいえ、もちろんたまにしか使わない、きちんとしたコレクターさんが日本にも多いのは知っておりますが❗)

ちょっとお話それました😂


☆ イギリスのクリームウェアをポントシューと勘違いするケース

以下のものはすべて18世紀〜20世紀のイギリスのクリームウェアです。


England Leeds Pottery

18世紀イギリス。


English creamware 

18世紀イギリス。



English creamware 

18世紀イギリス。


Above : Wedgwood,   Left : Probably Leeds,   Right : Staffordshire ? 

18世紀イギリス。


Probably Leeds

18世紀イギリス。


Leeds Pottery 


18世紀イギリス。


English stoneware

18世紀イギリス。




Probably English creamware Leeds ?

18世紀イギリス。


ポントシューではありません。

English creamware 20th century's vintage. 

20世紀イギリス。

18世紀のクリームウェアのレプリカシリーズです。

今は廃盤になっていると思います。

このデザインを見ると、ポントシューはイギリスのクリームウェアの影響を受けたのだろうな、と思います。

イギリスのクリームウェアのように白い食器作りはできないだろうか?

と開発されたのがフランスではクリームウェアとは呼ばず、ファイアンスフィーヌと呼ばれ19世紀初期まで人気となりました。



English creamware 20th century's vintage. 

こちらも20世紀後半のレプリカ。
オープンワークが素敵ですね♪


English creamware 20th century's vintage. 

こちらも20世紀後半のイギリスのレプリカ。
本物のアンティークを手にとって見てみたいです。



English creamware 20th century's vintage. 

20世紀のレプリカ。

クリームウェアのレプリカも人気が出てしまって、イギリスから取り寄せて日本へお送りすすにはお値段が上がりすぎて仕入れできませんが、日常使いにはこうしたレプリカが本当におすすめです。

これなら割れても捨てないで、とは流石に言えません。

現代の食器もそうですよね。

割れたら新しいの購入して、作家さんを助けてあげたほうが良い気がします。

金継ぎで大切にされる気持ちももしろん分かります。


そして、

スウェーデンでもまたぽんとシュー風の米粒レリーフの食器が存在していました。

そっくりでビックリですよ。


☆ テリーヌ容器またはスーピエール

https://www.bukowskis.com/en/auctions/562/744-a-swedish-marieberg-tureen-with-cover-cream-ware-18th-century


☆ シュクリエ

https://www.bukowskis.com/en/auctions/568/816-a-swedish-creamware-sauce-bowl-with-cover-18th-century

ポントシューが基になっていること間違いなし笑。

フランスで素敵な食器が作られている、スウェーデンの皇室御用達でもできないだろうか、という発想でしょうか。



☆☆☆


本当はもっといろんな資料があって、著作権の関係でお見せできないのが残念です。

また日本へ行く際にお見せできる機会があったら良いなと思っています🙏


☆☆☆


☆  ポントシューハンターのイデコとしては、ピンタレストでこんなコーナー作っています。

更新は稀ですが。😂

自分のものあり、ポントシュー、ポントシューではないもの、フェイクのポントシューなどいろいろ載せてます。

驚きなのは、ほとんどがポントシューではない、という事。

オタクなイデコならでは、いろいろ資料集めてみてます。

ここでも謎が溶けると思いますが、私が言いたいのは、気に入ったものであればポントシューであろうとなかろうと関係ないですよね。

ただ私は嘘をついている方からは買おうとは思いませんが。。。


☆ 今までのブログにポントシューのご紹介しております。

https://antiquegalerieideco.blogspot.com/search?q=ポントシュー

18世紀のいろいろなファイアンスフィーヌがでてきますので、ごゆっくりご覧ください。



追記:

また、いつものことですが、私の書いていることや写真を勝手に使用することは禁止されております。

多少文章を変えればいい、とお思いの方も本当にやめてくださいね🙏

イデコも間違えますので。

使用されたい方は必ずご連絡ください。

@grenieridecoのクレジットも忘れずに追加してくださいね。

そうでなければ、とあるところからご請求が行く場合がございますm(_ _)m


追記2:

また、新たに写真が増えましたら追加していこうと思っています♪

間違えている所があれば教えて下さい。

その都度変更してまいります。



Galerie iDeco

オーナー☆イデコ


2021年4月23日金曜日

マルセイユ陶器 ??? Veuve Perrin ヴーヴ・ペラン窯のフェイク

 フェイクっていうと聞こえが悪いのですが、素敵なものだから真似してみた感じでしょうか。

オマージュ的な?

マルセイユのヴーヴペラン窯は18世紀王族のための窯でしたが、ヴェーヴペランは特に美しいお花の絵付けでフランスでは知られています。(日本ではあまり知られていないと思います。)

裏にVPのサインが入っているものもあります。

ただ、VPと入っていたら全部マルセイユのヴーヴ・ペラン窯かと言ったら、ところがどっこい、沢山のフェイクが存在します。


こちらはマルセイユ窯じゃないと分かっていたが、いろいろ面白いので買ってみたお皿です。


この形、どこかで。。。?
そうそう、GIENのロカイユシリーズですよ。
今でも現行品で販売されているロカイユシリーズ。

羽根のようなレリーフとリムのカットが素敵なお皿です。


 Veuve Perrin
ペラン未亡人という意味です。


コピーというと本当聞こえが悪いですが、特許権のないものは(当時は特許申請しない事が多かった)、100年以上経ったものはコピーしても違反にならないようです。

絵付けも素敵だからコピーしたくなりますよね。

19世紀の終わり以降、こんなに素敵な絵付けのマルセイユ陶器が手に入らないなら作ればいい、的な、好きだからこそ制作されたオマージュなんだと思います。


特にヴーヴペランシリーズとか記入することもなく、サインを使っているという。。。💦ところや、本当の窯の名前が入っていないことも多くて更に混乱させます。

だからマルセイユ窯と勘違いするフランス人も多いです。

でもこのお皿、絵付けは美しいと思います。



お色も素敵。









羽根のような可愛いレリーフの上に色付けされています。



このレリーフはフランス東部のものだとガイド本でよく分かります。



ガイド本から。
こちらは↑18世紀のリュネビル窯のもの。
ジアンがリュネビルのフォルムを真似した事が分かります。

ジアンはポントシューシリーズも1960〜1970年頃に販売するなど、18世紀のレプリカを生産するのが得意なようですね。

18世紀のものは日常使いできませんが、GIENのおかげで18世紀のレプリカを日常使いできる、と考えたら良いでしょうか。


こちらは博物館のコレクションの18世紀のリュネビル窯のものです。
ポントシューではないんですね
鑑定士に見てもらわず、オークションハウスが勝手に判断していることはフランスでは結構あります。
だからでしょうか、ポントシューだと思われている方が大半なのは。

フランスのネットオークションは更にひどいです。
アイボリー色でレリーフがあればなんでもポントシューって言っている方結構います。
でもその多くはポントシューではありません🙏



このお皿に戻りますが、表面にシワが寄っています。

貫入じゃないんです。





不思議でしょう、この表面!
おそらくジアンのお皿の上に改めて釉薬と絵付けが施されて、表面がこのようになったのではないではないでしょうか。




それにしても絵付けは美しい。



面白い資料です。
資料用として仕入れたのと、この表面が気になり販売予定はありませんが、もし欲しい方いらっしゃったらご連絡ください。




そして、こちらもフェイクのヴーヴペラン。

18世紀のマルセイユの窯にこのようなリムのお皿は存在しません。


これこそオマージュでしょうね。

大変美しい絵付け(プリントに彩色されているかもしれません)で、ヴーヴ・ペランの絵付けを基にしています。

これだけ美しいとフェイクなんて言うの失礼ですね。
とっても素敵なシリーズです。



裏にVPのサイン。



よく見ると、書かれたサインではなく、プリントされています😂
ヴーヴ・ペランシリーズとかの説明もなく、新品として販売されていたことでしょうから当時に騙されたる人はいないでしょうけれどね。
なにか狙ったところがあるのは見え隠れしています。



そして、HBCMの刻印の入っているものがあります。
全てに入っていないところがまた狙っているのかな、的な。

20世紀初めになるのではないでしょうか。
クレイユエモントローがショワジールロワに買い取られた後のものです。

パリの高級食器を取り扱うデパート用に作られた限定品の商品だと思います。
そのお店の名前も入っており、このお店の特別注文だったことが判ります。
ですので、このショワジー・クレイユモントローのヴーヴ・ペランの絵付けシリーズのセットも今後見つかるかどうか?なくらい珍しいと思います。

機会を見て、アップしたいと思っています。
いつになるか判りませんが、とっても素敵な絵付けですのでどうぞお楽しみに♪

20世紀前半と言えば、トランスファープリントの食器が多く、このように手描きの絵付け皿はあまりなかったと思います。
しかも18世紀の美しいお花お絵付けを基にした、大変高級感のあるお品ものです。

今回はこのコンポティエしかお見せしていませんが、お皿やサラディエなどもあります。
本当に絵付けが美しく素晴らしいセットです。
(もちろん販売するとしたらセットではなく別々に販売したいと思います)


18世紀マルセイユのヴーヴペラン窯の絵付けは憧れだったのでしょうね。


ちなみに、



マルセイユのガイド本から。
こちらが本当のヴーヴペランの絵付け皿です。↑

HBCMの方が可愛い、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そして20世紀の食器ですから、使うにはHBCMのほうが向いていますね。

ヴーヴペランのお皿は、最低でも1枚200ユーロ、高いものは1500ユーロします。
400-700ユーロのものも多く、私にはなかなか手が出ません。💦

今まで何回かマルセイユ窯のお皿は販売しましたが、またいつかラッキーに仕入れることができたら良いなぁと思っています。

https://antiquegalerieideco.blogspot.com/2020/02/faience-de-marseille-18-2.html

もう日本へ旅立っておりますが、このように美しいお皿も自分で持っていたらよかったかなぁなんて思ったりしています。😂😂😂

いえ、もらっていただいて嬉しいです💝

VPのサインが裏に入っているのは、この2つだけではありません、他にもいくつかの窯が使用しています。

面白いですね♪

HBCMのヴーヴ・ペランシリーズは本当に美しいです。





Ces deux assiettes sont Veuve Perrin ???

Mais non.

C'est une évidence pour les amateurs de faience de marseillaise.

La première assiette est sur-emaillee a l'assiette de la série Rocaille de GIEN, d'ailleurs Rocaille est  toujours en vente par GIEN aujourd'hui.

La série Rocaille est déjà une imitation de la faïence de Reneville du XVIIIe siècle.

C'est curieux ... et surpiqué le décor Veuve Perrin.


Le dernier presentoir ou compotier, décorée de Veuve Perrin, par la faïence de HBCM.

Je trouve que c'est une très belle décoration.

Le VP au dos de l'écran est imprimé. C'est curieux.

Cette série a été spécialement réalisée pour le grand magasin "Auvase Etrusque" à Paris à cette époque.

Tres jolie serie de XX eme siecle.